今週の遊園地ニュースまとめ – 2023年8月27日号

Author: Yu Shioji (塩地 優) 
Article type: News(ニュース)
Article number: 230020

遊園地関係のニュース、特に新アトラクションや一般配信された記事などをまとめてお伝えします。

なお、海外のニュースは記者の言語力の問題で、英語圏のものか、英語圏で報道されたものが主です。

 

Six Flags Fiesta Texasが2024シーズンに3アトラクションを導入

Six Flags - Server Technical Issues

情報公開日: 8/26/2023

Six Flags Fiesta Texas(米国、テキサス州)が2024シーズンに3アトラクションを導入。

1つはスリルライドで、Zamperla社のNebulazというモデル。

2つ目はファミリー向けスリルライドで、回転するドロップタワー。

3つ目は、高架を走る鉄道型ライド。

いずれもDCユニバースをテーマとするエリアに設置されます。

[記者コメント]

Nebulazは、構造上2回に分けて乗降を行う必要があるため、体験時間90秒に対して、乗降に140秒かかるモデルなのですが、2019年の発売以来、かなり数が出ています。乗車効率の理論値は360人/時。アームがぶつかりそうでぶつからない、一見複雑な動きをしているように見える機構、テーマ付与しやすいデザインなどが人気の様子。

鉄道は特にアールデコ調でまとめられていて、DCユニバースの世界観を再現するとともに、古き良き遊園地っぽさもあるテイストになっています。

 

Silverwoodが2024年シーズンからプールを拡張

Silverwood: Aftershock
Get ready for a heart-pumping thrill with Aftershock roller coasters at Silverwood Theme Park! This twisted and turned roller coaster will have you screaming wi...

情報公開日: 8/25/2023

Silverwood(米国、アイダホ州、独立系)は、2024年のシーズンからプールを拡張すると発表。

拡張面積は4エーカー(約1.6ha)。小型のウォータースライダーの複合体、大型ウォーターコースターを含む。

[記者コメント]

ウォーターコースターは、もちろんMack Rides社のローラーコースター+フリュームライドタイプのものではなくて、ウォータースライダータイプのもの。2レーン式で並走あり、すれ違いあり、かなりの登りもあります。ProSlide社のDueling RocketBLASTシリーズだと思われます。

後ろから強烈な水流を押し当てて登るタイプです。ProSlide社にはLIMで登るタイプもあります。

 

東京ディズニーシーの新エリア、ファンタジースプリングスのアトラクションやレストランなどエリア詳細を公開

https://www.olc.co.jp/ja/news/news_olc/20230824_01/main/0/link/20230824_01.pdf

情報公開日: 8/24/2023

アトラクションはアナ雪、ラプンツェルがそれぞれ1つで、いずれもボートライド。ピーターパンは2つで、1つは3Dメガネを装着して乗車するライド、もう1つは外を走るライド。

レストランは各テーマ1つと、アナ雪にスナック。

ショップはホテルの1階に。

ホテルは、ラグジュアリーとデラックスタイプ。デラックスタイプは、ほとんどパーク内が見えない場所。また、ラグジュアリー専用のレストランも。一般客用レストランはロビーラウンジとビュッフェタイプの2か所。

[記者コメント]

ピーターパンのライドは新システムを期待していましたが、トラックレス+映像の、レミーのおいしいレストランパターンになりそうですね。屋外の小型ライドは、こちらもトラックレスのようなので、これはこれで期待。アナ雪とピーターパンがそれぞれ2,000人/時、ラプンツェルが1,500人/時、ピーターパン小型が1,000人/時くらいのイメージでしょうか。理論値で6,500, 実測で5,000人/時くらいを狙っているのかな、と思います。パークのキャパシティとしては、1万人弱増を想定か。現在、ランドが5万人、シーが3.5万人と言われていますが、シーを4万人超程度まで引き上げるのではないでしょうか。

ホテルはテーマ性もあまりハッキリしませんし、デラックスタイプではパーク内が見えない、ラグジュアリーでもショーが見えるわけではない、となると、やはりミラコスタの優位性は変わらないように思います。どういう付加価値を付けてくるか次第ですが、ディズニーランドホテルと同等程度の人気におさまると考えれば、オープン後1年程度で予約は比較的取りやすくなるのではないでしょうか。

 

Knott’s Berry FarmがMontezooma’s Revengeのリファービッシュを発表

情報公開日: 8/16/2023

Knott’s Berry Farm(米国カリフォルニア州, 運営はCedar Fair)が、Montezooma’s Revengeのリファービッシュを行い、MonteZOOMa: The Forbidden Fortressとしてオープンさせることを発表。

Montezooma’ Revengeは、2023年に営業を終了したローラーコースター。Schwalzkopf製のシャトルループ(フライホイールタイプ)で、1978年営業開始。

[記者コメント]

ハーネスはラップバーだけのシンプルなものから、ラバータイプのショルダーハーネスに変更。ライドの変更と、加速部の屋内化、テーマ付与等が行われる模様です。

最近は、古くなったローラーコースターをただ入れ替えるのではなく、元の形を維持しつつ変更を加えてリニューアルすることが多いですね。

 

シーワールドが、気象現象に対する保証規定を改定

SeaWorld expands inclement weather policy amid abnormal conditions in US
SeaWorld has expanded its inclement weather policy as extreme weather continues across the US and temperatures are expected to rise.

情報公開日: 8/22/2023

来園者に危険が及ぶほどの高温、落雷、降雨、降雪などの際は、以降12か月間の任意の日程に振替可能。

近年、異常気象が増加し、華氏100度(摂氏38℃弱)を上回るような高温予想も増えるなど、来園者に危険が及ぶ天候が増えていることを受けて。

[記者コメント]

日本は臨時休園時の対応等、「追って連絡します」という形が多いですが、こうして明確に対応が決まっていると安心。

揉め事にも発展しかねないので、きちんと規約に明記しておきたいところ。

 

Six Flags Over GeorgiaがIntaminのUltra Surf導入を発表

Six Flags park orders Intamin surf coaster for 2024

情報公開日: 8/19/2023

Six Flags Over Georgia(米国、ジョージア州)が、以前から噂されていたItamin社のUltra Surf型の導入を正式発表。

LSM加速方式のシャトル型ですが、一番の特徴はライドに。サーフボード型の台車の上に、2つの円形座席があります。いずれも外向きに10席。これが回転しながら走行しますので、予想できないスリルを味わえる、というのがアピールポイント。

コースレイアウトはIntaminから2種類が用意されているうち、大型サイズのもの。両サイドのほぼ垂直な坂に加えて、エアタイム、噴水演出エリアがあります。

LSMにも水冷方式を採用し、強力さをアピールしています。

[記者コメント]

いわゆるZamperlaディスクオーの変形・超大型版。ディスクオーシリーズにも、途中にエアタイムヒルがあるものも(Disk’O Coaster, Skater Coaster)ありますが、こちらはライドを小型にして加速度が上がっているはずですので、よりスリリングなライドになっていると思われます。

20名乗りですので、Disk’Oの大型サイズの半分の乗客数ですが、強力なLSMを使うことで加減速共に早くなりますので、結果的に乗車効率が良い、というアピールをしています。

サイズ感的に日本の遊園地への導入は絶望的で、導入できても小型版。海外での評判に注目です。

 

Sports Simulatorがボウリングのシミュレーターを発売

Sports Simulator launches new Party Bowling challenge
Sports Simulator, a provider of leisure simulators, has announced the launch of Party Bowling, a new challenge within its Bowling Simulator

情報公開日: 8/21/2023

ゴルフを始めとして、様々なスポーツのシミュレーターを開発、販売するSports Simulatorがボウリングのシミュレーターを発売。

ボウリングのレーン幅+α程度の幅と、同程度の奥行の部屋に設置できる、コンパクトさがウリ。場所を取るボウリング場と比べて、コンパクトなスペースで楽しめます。

[記者コメント]

イメージは、バーに設置するような形でしょうか。

日本でもSports Simulatorのゴルフシミュレータは多く見かけますし、それ以外にも非常に多くの種類のシミュレータが日本で稼働しているようです。

このニュースはMicrosoft Listsでデータベース化しています

「今週の遊園地ニュース」は、Microsoft Listsを使ってデータベース化しています。

Microsoft Listsのデータベースは、日本遊園地学会会員の方に公開しております。会費は現時点で無料ですので、入会希望の方はこちらのページに従って、お申し込みください。

Microsoft Listsは、SharePointリストと互換性があります。検索、絞り込み、Excel出力等に加えて、PowerAutomateやPowerAppsを利用した自動化・アプリ化が可能です。例えば、「あるキーワードを含むニュースが投稿されたら、全社員にメール(あるいはTeams投稿)を送る」といった自動化が簡単にできます。

情報の活用だけでなく、社内市民開発者育成のサンプルデータベースとして使用してみませんか? 当面の間、遊園地業界のデジタル化による効率化支援の一環として、PowerAutomateまたはPowerAppsを用いた開発のオンラインサポートを、塩地の工数2時間分まで無償で実施致します。ご希望の場合、お問い合わせフォームよりご連絡ください。サポートは会員の方に限りますが、個人会員でも対応致します。

 

 

引用方法

引用時は、下記を明記してください。

Yu Shioji, J. Amusement Park (2023) 230020.

 

利益相反

本稿に関わる利益相反はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました