今週の遊園地ニュースまとめ – 2023年10月1日号

Author: Yu Shioji (塩地 優)
Article type: News(ニュース)
Article number: 230027

 

遊園地関係のニュース、特に新アトラクションや一般配信された記事などをまとめてお伝えします。

なお、海外のニュースは記者の言語力の問題で、英語圏のものか、英語圏で報道されたものが主です。

 

HussがIAAPAに向けて、新ライド5機種の動画を発表

情報公開日: 9/25/2023

HussがIAAPAに向けて、新ライド5機種の動画を発表。

1機種は、ドロップタワー全面を映像で覆い、最高部はドーム形状になったもの。

そのほか、トロイカやマジックなど、日本人にもなじみのある機種の新バージョン、テーマ付与バージョンが公開。

[記者コメント]

ドロップタワーは全天候対応はもちろんですが、落下時の映像演出で、タワー規模以上の落下感を演出するためだと思われます。

トロイカ、マジックはとしまえんをはじめとして日本にも設置されていた機種。こうしたHussらしい回転モノに、テーマが付与されて帰ってきました。

Zamperlaのように多数設置できるか。Hussのメンテナンス性の悪さは昔から問題視されていますので、そこが改善されているかどうか気になるところです。

 

ハウステンボスが24年春に新アトラクション

ハウステンボス、24年春に乗り物系の新アトラクションを導入へ | 毎日新聞
長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」(HTB)は26日、2024年春完成予定で乗り物系の新アトラクションを導入すると発表した。今後4~5年をかけてアトラクションを中心に数百億円を投資する成長戦略の第1弾で、入場者数の大幅増を図る。

情報公開日: 9/26/2023

ハウステンボスが、2024年春に新しい乗り物系アトラクションを追加することを発表。

運営支援は、森岡氏率いる株式会社刀。

今後4,5年かけて、数百億円を投じて再整備。

[記者コメント]

乗り物系と言えば、刀の強みが生きるのはシミュレーションライド。ただ、複数のアトラクションとありますので、ダークライド等も期待できるかもしれません。

今のところほとんど情報がありませんが、どういったメーカーが使われるのかも注目です。

 

Canada’s Wonderlandで乗り物が反転したまま25分間停止

Day of adventure turns into nightmare for Canadian amusement park riders
Video footage from the incident shows riders dangling and hanging upside down in the air as they waited for help to arrive after their ride stopped on Saturday.

情報公開日: 9/26/2023

Canada’s Wonderlandで、乗り物が上下反転したまま25分間停止する事象が発生。

乗り物はいわゆる「トマホーク」系で、屋根付きのバイキング型ライド2機が逆向きに360度回転するタイプ。

原因は現時点で不明。発生時刻は午後10時40分。

2名が胸の痛みを訴えて、パーク内の救急でチェックを受けたものの、病院に運ばれた方は無し。

[記者コメント]

こういった機種は救出が困難なので、無事ライドを下におろすことができたことが何よりです。

原因が究明できるまで、アトラクションは停止とのこと。古い機種ですので、場合によっては撤去されてしまうかもしれません。

 

Zamperlaが、IAAPAに向けて新機種2種を発表

Zamperla launches larger-capacity Magic Bikes XL and Go Go Bounze 8.4
Zamperla, a leading ride manufacturer, has announced the launch of two new attractions designed to provide shared fun for guests of all ages.

情報公開日: 9/27/2023

Zamperlaが、IAAPAに向けて新機種2種を発表。

ペダルを漕いで上昇下降を制御する回転系「マジックバイク」の大型版と、ピョンピョン跳ねる動きをする回転系「ゴーゴーバウンス8.4」。

[記者コメント]

後者の類似機種は、国内有名どころだと富士急のウィンストン。古くは「カンガルー」という、登りは車輪で坂を駆け上がり、下りをダンパーで、という機種に始まります。

カンガルーは、米国Kennywoodで今でも乗車できます。

 

アイルランドのEmerald Parkが、新テーマランドを発表、Vekoma Family Boomerang導入も

Jora Vision & Vekoma Rides reveal details of new land at Emerald Park
Jora Vision and Vekoma Rides have joined with Emerald Park to reveal details of the new Tír na nÓg land, which will open in 2024.

情報公開日: 9/27/2023

アイルランド唯一の大型テーマパーク、Emerald Parkが、新テーマランドを発表。

「永遠の若さ」をテーマにしたエリアで、VekomaのFamily Boomerang導入が発表されています。

高さが24m、最高速度60km/h、全長221mということで、カスタム機です。

[記者コメント]

もう1つ見えるのは、VekomaのSuspended Familyか。

Vekomaのファミリー向けはかなりの勢いで導入されています。テーマ性まで含めた提案ができているものと思われます。

 

SeaWorld San Diegoが、Tidal Twisterの再開を断念

No more Tidal Twister at SeaWorld San Diego

情報公開日: 9/27/2023

SeaWorld San Diegoが、Tidal Twisterの再開を断念。

アプリやHPのアトラクションリストから消滅。

2019年に導入したばかりの、Fireball的なローラーコースター風ライドで、2編成が距離を置いて連結された状態でレール上にあって、これがメビウスの輪のようなコースを走行するもの。駆動はタイヤ回転。

[記者コメント]

Six Flags Discovery Kingdomの類似機も1年で解体されていますので、根本的に欠陥をはらんでいるのでしょう。

あとは、Six Flags系2か所に、現在ファミリー向け単レール型のレーシングコースターを建設中。これがどうなるかで会社の命運が決まりそうです。

 

SeaWorld Orlandoが新コースターを発表

SeaWorld Orlando announces new family coaster for 2024

情報公開日: 9/28/2023

スノーモービル型

B&M製で、最高速度約69km/h、全長は920m。

[記者コメント]

SeaWorldで、かつスノーモービル型なので、IntaminのFamily Launchかと思いきや、まさかのB&M製です。

スペック的にはIntaminのものとそっくりですので、どういう違いが生まれるのか楽しみですね。

 

名古屋港シートレインランドがオバケハンター2を10/6新設

アトラクション【名古屋港:シートレインランド 〜AMUSEMENT&FOODS〜】

情報公開日: 9/29/2023

名古屋港シートレインランドがオバケハンター2を10/6新設。AR端末でお化けを撃つ、ウォークスルー型シューティング。

泉陽のロケーションですので、当然ながら泉陽興業製だと思われます。

料金は500円。

[記者コメント]

ARですので、ファンハウス自体の作りこみもそれほど複雑にする必要が無くて、投資規模を抑えられるタイプ。

ソフトウェアアップデートでリニューアルできるはずですので、飽きの問題も、比較的少額の投資で対応できそうです。

 

リトルプラネットのららぽーと横浜ロケーションに、ベイブレードのXRスタジアムがオープン

今秋、ららぽーと横浜のパークに【BEYBLADE X】のデジタルスタジアムが登場! | リトルプラネット
現代版ベーゴマ『ベイブレード』の最新シリーズ『BEYBLADE X(ベイブレードエックス)』の対戦用スタジアム

情報公開日: 9/26/2023

リトルプラネットのららぽーと横浜ロケーションに、ベイブレードのXRスタジアムがオープン。

バンダイのベーゴマ型玩具、ベイブレードの対戦を盛り上げるエフェクトや、軌道などを確認できるモニターなどを、XR技術で実現。

10月以降に稼働予定。

[記者コメント]

これはベイブレード好きのお子様なら、間違いなくワクワクが止まらなくなる演出ですね。

XRの使い方がうまいです。

 

ピジョンフォージに、マウンテンコースターが1機、新規オープン予定

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

情報公開日: 9/29/2023

ピジョンフォージに、マウンテンコースターが1機、新規オープン予定。

マウンテンコースターは、ソリ型のライドでレールを滑り降りるもの。

ピジョンフォージエリアには既に複数設置されています。

オープン日は未公表も、近日中オープンの模様

[記者コメント]

ピジョンフォージはDollywoodの近くで、単発アトラクションが多数あるエリア。

 

AustriaのFantasianaが、Mack RidesのStryker Coasterの大型バージョンを2025年に導入

404 Not Found

情報公開日: 9/30/2023

AustriaのFantasianaが、Mack RidesのStryker Coasterの大型バージョンを2025年に導入。

IAAPAで契約締結。

[記者コメント]

同型は、Europa ParkにVoltronとして導入されることが決まっています。

 

このニュースはMicrosoft Listsでデータベース化しています

「今週の遊園地ニュース」は、Microsoft Listsを使ってデータベース化しています。

Microsoft Listsのデータベースは、日本遊園地学会会員の方に公開しております。会費は現時点で無料ですので、入会希望の方はこちらのページに従って、お申し込みください。

Microsoft Listsは、SharePointリストと互換性があります。検索、絞り込み、Excel出力等に加えて、PowerAutomateやPowerAppsを利用した自動化・アプリ化が可能です。例えば、「あるキーワードを含むニュースが投稿されたら、全社員にメール(あるいはTeams投稿)を送る」といった自動化が簡単にできます。

情報の活用だけでなく、社内市民開発者育成のサンプルデータベースとして使用してみませんか? 当面の間、遊園地業界のデジタル化による効率化支援の一環として、PowerAutomateまたはPowerAppsを用いた開発のオンラインサポートを、塩地の工数2時間分まで無償で実施致します。ご希望の場合、お問い合わせフォームよりご連絡ください。サポートは会員の方に限りますが、個人会員でも対応致します。

 

 

引用方法

引用時は、下記を明記してください。

Yu Shioji, J. Amusement Park (2023) 230027.

 

利益相反

本稿に関わる利益相反はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました