今週の遊園地ニュースまとめ – 2023年10月8日号

Author: Yu Shioji (塩地 優)
Article type: News(ニュース)
Article number: 230027

 

遊園地関係のニュース、特に新アトラクションや一般配信された記事などをまとめてお伝えします。

なお、海外のニュースは記者の言語力の問題で、英語圏のものか、英語圏で報道されたものが主です。

 

Fun Spot kissimmeのスピニングコースターが、事故以来約2か月ぶりの再開

情報公開日: 10/1/2023

Fun Spot kissimmeのスピニングコースターが、事故以来約2か月ぶりの再開。

事故は8/4, 男児がローラーコースターの下で亡くなっているのが発見されたもの。

事故詳細はいまだ開示されていませんが、ローラーコースターにも、運用にも瑕疵は無かったとのこと。

このため、10歳以下の子には、14歳以上の付き添いが必要という条件付加の元、運行が再開されました。

[記者コメント]

事故は、男児が走行中に立とうとしたために発生した、という噂。

ハーネスは、特に小さな子供が意図的に脱出しようとすればできてしまうため、それを止める保護者が必要との判断のようです。

 

Santa Cruz Beach Boardwalkが2機種導入

Santa Cruz Beach Boardwalk Rides
Welcome back! Boardwalk rides are open daily to all guests!

情報公開日: 9/30/2023

Santa Cruz Beach Boardwalkが2機種導入。

1つは観覧車、もう1つはChance RidesのFreestyle。

Freestyleは、エンタープライズの進化版で、土台も回転。その土台が偏心されていることと、座席が外向きになっていることがポイント。

Freestyle – CHANCE RIDES
Chance Rides designs and manufactures coasters, rides and people movers, including carousels, trains and giant wheels.

[記者コメント]

非常にBoardwalkらしい機種ではありますが、比較的珍しいチョイス。

ぱっと見の面白さが伝わりにくいですが、乗れば間違いなく楽しいライドですね。

 

Busch Gardens Tampa BayがB&M製ファミリー向けぶら下がりコースター導入を発表

情報公開日: 10/2/2023

Busch Gardens Tampa BayがB&M製ファミリー向けぶら下がりコースター導入を発表。

導入は2024年。

オンボードサウンドあり、72km/h, 全長約560m。スイング機構も有するらしいです。

[記者コメント]

スイング機構が導入されれば、B&Mとしては初。

 

Busch Gardens WilliamsburgのArrow製Loch Ness Monsterが2024年にリニューアル

情報公開日: 10/2/2023

Busch Gardens WilliamsburgのArrow製Loch Ness Monsterが2024年にリニューアル。

コース全体の2/7くらいを置き換え? て新エレメント導入。

キューラインもストーリーライン付与、オリジナルのオンボードサウンドも導入。

[記者コメント]

Arrow製の、ループが絡まったようなレイアウトを採用した世界初のローラーコースター。

その部分は維持しつつ、古くなったところを現代化する、ということでしょう。

 

よみうりランドが2024年秋に観覧車を新設

新観覧車が44年ぶりに誕生
株式会社よみうりランドのプレスリリース(2023年10月3日 15時00分)新観覧車が44年ぶりに誕生

情報公開日: 10/3/2023

よみうりランドが2024年秋に観覧車を新設すると発表。

高さ59m、回転直径57m、4人乗り×42台。

冷暖房完備。

総工費12億円。

既存の観覧車横に設置し、既存の観覧車は当面継続。

[記者コメント]

既存の観覧車は高さ61.4m, 回転直径59mですので、やや小さくなります。

老朽更新と移設も兼ねているんだと思いますが、既存の観覧車の扱いがよくわかりません。

 

Mall of Americaにお化け屋敷がオープン

Instagram

情報公開日: 10/4/2023

Mall of America(Nickelodeon Universeがあるショッピングモール)にお化け屋敷がオープン。

規模は45000sqft (約4180m2 ≒ 65m四方)。

テーマはアメリカのモンスター。

[記者コメント]

屋内型としては、かなりの規模。

装飾もかなり凝っているように見えます。

 

Six Flags Over Georgiaのバックヤードで女性従業員が死亡する事故

Six Flags over Georgia

情報公開日: 10/5/2023

Six Flags Over Georgiaのバックヤードで女性従業員が死亡する事故が発生。

ハロウィンイベントの準備中、バックヤードをバンタイプの車の後部に乗っていた女性が転落し、頭を打って死亡。

43歳で3児の母だった、とのこと。

[記者コメント]

何かを支えながら、バックドアを開けた状態で走行していたのでしょうか。

遊園地にはベンチャー気質と言いますか、手作り感のあるイベントも多くありますが、Six Flagsは大きな企業ですので、しっかりした安全管理も求められます。

バックドアを開けたまま走行せざるを得ないようなものを積んでいたのなら、そうしなくて良いトラックを準備する、ドアを開けたまま走行してはいけないというルールを厳格に運用するなど、対策が求められます。

 

Thorpe Parkの新大型コースターHyperia設置決定

Facebookにログイン | Facebook
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

情報公開日: 10/6/2024

Thorpe Park(イギリス、ロンドン近郊)に、Mack Rides社製大型コースターの設置が決定。開業は2024年予定。

高さ72m, 最高速度約128km/h。

逆バンクから逆方向にひねり続けたり、ツイストダイブのようなエレメントがあったり、ひねり系エレメントを多く有します。

[記者コメント]

この規模だとシンプルなキャメルバック系になることも多いですが、最近はこうしたループ系大型コースターが増えつつあります。

長らく噂されていたコースターですが、ようやく正式に情報公開となりました。

 

Djurs Sommerlandがタワードロップを新設予定

Djurs Sommerland

情報公開日: 10/6/2023

Djurs Sommerland(デンマーク)が、60m級タワードロップの新設を発表。

開業日は2024年4月27日。

それ以外の情報は不明。

[記者コメント]

パーク内で最も高いローラーコースターの2倍の高さ。

それにしても、タワードロップの新設は珍しいように思います。

 

スコットランドに、グランピング施設とデジタルアトラクションを組み合わせた施設が建設中

New 'digital theme park' resort to open in UK with glamping pods & AR 'missions'
A NEW ‘digital theme park’ is set to open in the UK – with guests able to live out their fantasy game dream in an AR experience. Mythtopia, set to open in Scotl...

情報公開日: 10/5/2023

スコットランドに、グランピング施設とデジタルアトラクションを組み合わせた施設が建設中。

アトラクションはミッション形式で、自らキャラクターを作ったり、ARで妖精やドワーフと出会うシーンがあるとのこと。

[記者コメント]

自然の景観を活かしながらファンタジーの世界に没入する形式か。

NFT必須とも書いてありますので、NFTをチケットとして使う?

 

イマーシブを専門としたテーマパーク、「イマーシブ・フォート東京」が2024年春、期間限定で開業

IMMERSIVE FORT TOKYO
東京お台場に誕生!現実と錯覚するほどのイマーシブ(没入)世界

情報公開日: 10/5/2024

演劇を鑑賞するのではなく、当事者となって巻き込まれるタイプのイマーシブシアターアトラクションのみを12備える、イマーシブ・フォート東京が2024年春にオープン。

ヴィーナスフォートの建物をそのまま再利用する形で、期間を限定しての営業。今のところ、終了時期は開示されていません。

12アトラクションのうち1つはレストランを兼ねる形。そのほか、ホラー系など、ジャンルの異なるアトラクションを設置。

[記者コメント]

おそらく跡地利用の計画が固まって、解体工事に入るまで最大数年間の期間限定だと思われます。

期間限定としては、既存施設を利用する方策として、おそらくベストに近い手法。USJですでに、期間限定で実施した実績がありますし、イマーシブは間違いなくマスに受ける、しかも固定客(マニア)を誘因する魅力を持っている。

日本では、安全面で運営側の責任とする傾向が強いので、小規模事業者がイマーシブを運営することは極めて難しいですし、欧米のように狭い建物内で実施することは難しいのですが、ヴィーナスフォートという広い敷地を活用すれば、比較的低コストで運営できます。新設は極めて難しいですが、既存施設を低コストで利用できる前提があれば成立する、そんな手法だと考えます。

 

CITY CIRCUIT TOKYO BAYのプレオープン日が10/28に決定

シティ・サーキット・東京ベイ

情報公開日: 10/6/2024

お台場、パレットタウン跡地に期間限定で設置されることが発表されていた、CITY CIRCUIT TOKYO BAYのプレオープン日が10/28に決定。

2時間ごとの平日4部、土日6部制で、各回6,000円。2時間の間、アトラクション乗り放題になるとのこと。

期間ごとに1部50名または70名の人数制限があり、チケットは受付開始済み。

[記者コメント]

プレオープン開始日は、同じくお台場で開催されるジャパン・モビリティ・ショーに合わせたようです。

2時間乗り放題とはいえ、カート+シミュレーターに6,000円は高額。おそらく今後の価格決定に向けた実験だと思われますが、果たしてどの程度の満足度が得られるか。

 

このニュースはMicrosoft Listsでデータベース化しています

「今週の遊園地ニュース」は、Microsoft Listsを使ってデータベース化しています。

Microsoft Listsのデータベースは、日本遊園地学会会員の方に公開しております。会費は現時点で無料ですので、入会希望の方はこちらのページに従って、お申し込みください。

Microsoft Listsは、SharePointリストと互換性があります。検索、絞り込み、Excel出力等に加えて、PowerAutomateやPowerAppsを利用した自動化・アプリ化が可能です。例えば、「あるキーワードを含むニュースが投稿されたら、全社員にメール(あるいはTeams投稿)を送る」といった自動化が簡単にできます。

情報の活用だけでなく、社内市民開発者育成のサンプルデータベースとして使用してみませんか? 当面の間、遊園地業界のデジタル化による効率化支援の一環として、PowerAutomateまたはPowerAppsを用いた開発のオンラインサポートを、塩地の工数2時間分まで無償で実施致します。ご希望の場合、お問い合わせフォームよりご連絡ください。サポートは会員の方に限りますが、個人会員でも対応致します。

 

 

引用方法

引用時は、下記を明記してください。

Yu Shioji, J. Amusement Park (2023) 230027.

 

利益相反

本稿に関わる利益相反はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました