歴史

遊園地の歴史について

歴史

国内のシミュレーションライドの歴史とブームから、魅力の本質を探る

国内のシミュレーションライドの歴史をアトラクションのデータベースを介して辿りながら、その進化とブームの移り変わりを追うことで、国内の顧客の嗜好とその変遷を考えることで、シミュレーションライドの魅力の本質を探ります。
歴史

ローラーコースターを思いついたのは誰?

遊園地の花形、ローラーコースター(ジェットコースター)は、誰がどのようにして思いついたのでしょうか。思いついた人物や、思いつくきっかけとなった乗り物、さらには、それ以前に存在していたローラーコースターに似た乗り物などをご紹介します。
歴史

ローラーコースターの歴史10 – ローラーコースターの現在と今後の展望

ローラーコースター界は2000年代以降、停滞の時代に突入しています。これまでの100年以上の歴史を踏まえると、今後ローラーコースターはどうなっていくのか、どのような技術を開発すれば復活できるのか、詳しく解説しています。
歴史

ローラーコースターの歴史9 – 世紀末のキワモノ

20世紀末、ローラーコースターは20世紀初頭の歴史を繰り返すことになります。立ち乗りやぶら下がり、足ブラブラ、スピンといったアイデア勝負のコースターが生まれては消えていったのです。これらのアイデアと20世紀末ならではの技術との結びつきをご紹介。
歴史

ローラーコースターの歴史8 – ループコースターの再来

円筒型レールの発明から20年。1975年に、約70年ぶりのループコースターが誕生します。なぜ円筒型レールがこれを実現できたのか、ループコースターがその後のローラーコースターに与えた影響などを詳しくご紹介しています。
歴史

ローラーコースターの歴史7 – 木製からスチールへ

現代のローラーコースターは、ディズニーランドがなければ無かったかもしれません。ディズニーのこだわりによって、後のループコースターにもつながる技術が生み出されたのです。なぜディズニーはローラーコースターに新技術を導入したのか。その背景に迫ります。
歴史

ローラーコースターの歴史6 – 黄金期(1920年代)

1920年代には、アメリカに2,000ものコースターが作られたと言われています。その中には現代に残る傑作もあれば、行き過ぎたスリルを追求したものもありました。スリルを支えた技術的背景も含めて論じています。
歴史

ローラーコースターの歴史5 – ジョン・ミラーがもたらしたスリル

ローラーコースターの父とも呼ばれるジョン・ミラー。彼は、スリルと安全性をいずれも高めるようなスゴい発明をしています。その他、ローラーコースターの楽しさの本質を知り尽くしていた彼の発明やアイデアをご紹介しています。
歴史

ローラーコースターの歴史4 – アイデアの繚乱と迷走

ループにジャンプ、スピンに馬型。ローラーコースター黎明期には、様々なタイプのコースターが生まれては消えていきました。これらの中には形を変えて、現代でも作られているものがあります。そうした現代へとつながるアイデアたちをご紹介。
歴史

ローラーコースターの歴史3 – ローラーコースターの誕生

現代型ローラーコースターを世界で初めて作った人は、一体何を求めて作ったのか。人々にどういう体験をさせようとして作ったのか。「ローラーコースター欲」の原点に立ち返り、ローラーコースターの本質を考えます。