国内のシミュレーションライドの歴史とブームから、魅力の本質を探る

Author: Yu Shioji (塩地 優)
Article type: Article(研究)
Article number: 240002

国内のシミュレーションライドの歴史を辿りながら、その進化とブームの移り変わりを追うことで、国内の顧客の嗜好とその変遷を考えることで、シミュレーションライドの魅力の本質を探ります。考察のベースとなるデータには、当学会が独自に構築したデータベースを使用します。データベースが主として1985年~2000年のデータを対象としているため、ここでも1985年~2000年を中心とした考察を行います。データベースからシミュレーションライドのデータを抜粋したものは、本ページ末尾に記載しています。

 

シミュレーションライドの定義

ここでいうシミュレーションライドとは、スクリーンとプロジェクター等による映像と、少なくとも座席を映像に合わせて動揺させる装置を備えたものを指します。その中には、映像が動揺装置上に固定されていて、客席周辺が覆われている「キャビン型」と、映像が動揺装置上にはなく、客席は動揺装置の外に対して開放状態にある「シアター型」があります。

動揺装置には油圧を用いるものが多い傾向にありますが、サーボモーターを用いるもの、空気圧を用いるものなど、多岐にわたります。また、動揺装置は接地面に対して固定されている場合もあれば、設置面上にレール等を敷設し、その上を可動とする場合もあります。こうした種類にはよらず、前記定義に従うものを、広くシミュレーションライドと呼ぶことにします。

ただし、映像面が1枚ではなく、複数枚存在し、客席が映像面の間を移動する場合であって、映像面1枚に対面する客席数がおおむね20未満の場合には、その主目的に従って、ダークライドやローラーコースターなどに分類することとします。

 

スターツアーズ以前: 初期のシミュレーションライド

シミュレーションライドの、客席動揺を映像に同期させる技術は、フライトシミュレータに由来します。シミュレーションライドが開発された当時のフライトシミュレータが、キャビン型が主流であったために、初期のシミュレーションライドもキャビン型が中心でした。

世界初のシミュレーションライドは、Doron社により1977年に設置されたSR2だとされています[1]。同じく1977年には、Wisdom社のアストロライナーも設置されています。

日本国内においても、1989年にかけて、Doron社のSR2とWisdomのアストロライナーが多数設置されています。データーベースに情報のある範囲では、SR2のモデルチェンジが行われたこともあって、常設施設としてはSR2が多く導入されています。アストロライナーは、博覧会の遊園地スペースに、主として岡本製作所が営業参加する場合に設置されています(データベースのメーカー名に「岡本製作所」とありますが、これは元データに依存するもので、実際にはWisdom社のものを岡本製作所が設置していると推定されます)。

いずれもキャビン型で、SR2(後期モデル)は前後左右傾斜と前後左右動が可能で、アストロライナーは前後傾斜と左右回転が可能です。大雑把には傾斜と直線動作によって動きを再現するのがシミュレータの基本ですので、特にSR2は現代へとつながる基本機能は備えていることになります。

この時期の特筆すべきアトラクションとして、後楽園ゆうえんちの「フライングキャビンUFO」と、長崎オランダ村の「大航海体験館」があります。フライングキャビンUFOは円盤状のライドを用いている点がユニークなライドです。東光通商が油圧部品を製造したという記載があります[2]。大航海体験館は三菱重工の製造で、後にハウステンボスに移設されています。特に大航海体験館は、国産で、かつこの時期にシアター式を採用していた点が特徴です。

 

1989~1991: 没入感の向上と特徴の創出

1987年、アナハイムのディズニーランドにスター・ツアーズが設置され、1989年には東京ディズニーランドにもスター・ツアーズが設置されます。これは古典的なキャビン型の大型機で、システム自体はRediffusion Simulationという会社が製造しています。スター・ツアーズに先立って1985年、カナダのCNタワーに設置された、Tour of Universeのシステムを流用したものです。しかしながら、その映像や、映像と同期されたリアリティのあるモーションは当時としては衝撃的でした。特に東京ディズニーランドへの設置に刺激されたように、これ以降のシミュレーションライドの設置方向性が大きく変わっていきます。

89年から91年にかけて、多数のシアター型が設置されます。シアター型のシミュレータは、そのルーツは1950年代まで遡ることができます。Cinerama(シネラマ)という、映写機を3台並べて横に広い画面を実現することで、視野を映像で埋め尽くし、没入感を高める技術が50年代に開発されています。その封切りに使われた”This Is Cinerama”というソフトに、Rockways’ PlaylandのAtom Smasherというローラーコースターの映像が用いられました[3]。ローラーコースターに乗車せずとも、映像だけでまるで乗車したかのような没入感が得られることに、相当な衝撃があったと言います[4]。この、映像を大型化することによる没入感を利用して作られたのが、シアター型のシミュレータです。

89年から91年にかけて設置されたものは、大きく分けると下記の3機種です。

  • Intamin社製 Dynamic Motion Simulator: 横10人1ユニットで、ユニットごとに油圧動作。ソフトは主にShowscan。
  • Ride Works社製Turbo Tour Theater: 横2人1ユニット。ソフトはiWerks。
  • Omnifilms社製Motion Master: 1人1ユニット。

中でもDynamic Motion Simulatorが広く導入され、Turbo Tour TheaterやMotion Masterは、それと比べて1ユニットが小さいため、乗車位置による体感の違いが少ないという売り文句で導入されています。いずれもCineramaの流れを汲んで、ローラーコースターの映像が頻繁に使われていました。ShowscanであればSix Flags Magic MountainのColossus, iWerksではSix Flags AstroworldのTexas Cyclone, Motion MasterではSix Flags Great AmericaのAmerican Eagleの映像が用いられています。いずれのシステムであっても、映像は70mmフィルムで、大型かつ高精細な映像を楽しむことができました。

また、UCCスターポートでは、Dynamic Motion Simulatorを用いてルーカスフィルム製映像の封切りが行われたように、シミュレータを単体設置して、映像の特色によって集客をする、という試みも行われています。明らかにスター・ツアーズやスターウォーズの影響を受けたアトラクションですが、当時の映画経済の強さが垣間見える事例です。

同じ時期には、オリジナリティのあるアトラクションも多数製作されました。例えば、大阪、弁天町駅前にあったパラディッソという複合施設の「ツアー・オブ・ザ・ユニバース」は、前述のスター・ツアーズのシステムのベースとなったCNタワーの”Tour of the Universe”と全く同じものを設置していて、宇宙旅行を体感させるための、事実上のプレショーに50分程度を要するアトラクションで、複合施設内に単体設置されていました。また、富士急ハイランドのアングラーも同型システムをベースとしてシミュレータで、ポストショーまで設置するなど凝った作りでした。後に同型システムは、AOIAのダイナヴォックスや、ポルトヨーロッパにも設置されています。

日本セルモは、長浜楽市にワンダーシップというアトラクションを設置。これは、通常のキャビン型シミュレーションライドに加えて、各座席に設置されたレバーやボタンを用いたゲーム要素のある内容で、後のインタラクティブなシミュレータへの端緒を切り開きました。

泉陽のコスモクルーザーは、キャビン型シミュレーションライドではありますが、乗車定員が4名と少ないものを、ダークライドのように軌道上を連続動作させることで回転率を向上したもので、大きなキャパシティが求められる博覧会にも設置されています。

一般的な遊園地には、SuperXをはじめとして、量産型のキャビン型シミュレータが多く導入されていますが、大型遊園地やシミュレーションライド単体設置の場合には、没入感、ソフトの新規性、テーマ性、インタラクティブ性など、多様性を生じ始めた時代です。

 

1992~1995: 大衆化とゲーム性の強化

こうして一気に多くの遊園地に導入されたシミュレーションライドは、1992年頃から遊園地外でも頻繁にみられるようになり、一気に大衆化していきます。代表的なのはSEGAのR360(1990年発売: ゲーム機に分類し、本データベースには含まず)、タイトーのD3-ボス(1991年発売)です。R360が1人乗、D3-ボスが2人乗、価格はいずれも定価1,800万円とシミュレーションライドにしては安価で、かつ要求する床面耐荷重レベルも高くないため、ビルや商業施設内を含む、多くのゲームセンターに設置されました。R360はX軸、Z軸の2軸回転で、D3-ボスはY軸も含む3軸回転が可能です。D3-ボスにはZ方向の直線動作を可能にした直営ロケーション限定バージョンも存在します。上下反転できるシミュレーションライドは、小型でなければ実現が難しいため、現在に至るまで小型機の特徴であり続けています。

また、台数は前記2機種ほど多くありませんが、ナムコも日本アニメーションと共同製作した「ピーターパンの冒険」というソフトを持つ、子供向けのシミュレーションライドを開発して販売しています。

同時期には、カヤバ工業や日本セルモ、三菱重工などによるシミュレーションライドの国産化が進展するとともに、それに電通プロックスなどの映像制作が組み合わさることで、オリジナリティのある国産アトラクションが広く普及するようになります。

大衆化の一方で、ゲーム性の高い機種も登場し始めます。SEGAのAS-1はゲーム性こそそれほど高くありませんが、キャビン型で汎用性が高いことから、SEGAの施設以外にも多くが外販されています。また、1994年のガルボや横浜ジョイポリス開業を皮切りに多店舗展開されることになる、SEGAのジョイポリス施設に向けて、様々なシミュレーションライドが開発されました。中でもVR-1は、VRゴーグルを装着してシューティングゲームを行うもので、現代のVRシミュレーションライドの元祖と言える存在です。また、ナムコ、SEGAの両社がもつレーシングゲーム系シミュレータ、ナムコのファイターキャンプのような本格派戦闘フライトシミュレータまで、ゲーム内容も多様化していきました。

 

1996~2000: 主力からの脱落

1995年ごろまでに急速に大衆化が進んだため、大規模遊園地が主力機として多額を投資することはできなくなり、シミュレーションライドは急速にその地位を低下させていくことになります。映画文化も1990年頃から2000年にかけては、興行収入、スクリーン数、映画館入場者数ともに停滞期にありました[5]。このため、映画文化的側面から、映像の新規性で集客することも難しい状況にあります。シミュレーションライドの集客要素は、既に過ぎ去ってしまっていた、と考えられます。

その中でも、精力的に新機種の開発を行っていたのが、ジョイポリスを擁するSEGAです。レーシングゲーム系を主体としていますが、インディフォーミュラの置き換え、あるいは類似機種増設で、ボートレース、ボブスレー、ハンググライダー、自転車、陸上競技など、多様なシミュレーションライドを開発しています。

他に特筆すべきアトラクション導入として、3点を挙げておきます。

1点は、アイマックスライドフィルムの導入です。アイマックスの大型球面スクリーンを使ったシミュレータとしては、1991年のバック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド(日本導入は2001年)が有名ですが、その小型版ともいえるアトラクションが日本に複数導入されています。BTTFのライド部はIntamin社製ですが、少なくとも国内のアイマックスライドフィルムの駆動部は三菱プレシジョンが製造。視界が球面スクリーンに囲われることで、きわめて没入感が高いことが特徴で、筆者も「ファンハウス・エクスプレス」というソフトで、実際には存在しないはずのエアタイム(内臓が浮き上がるような感覚)を感じた記憶があります。

2点目は、ジョイポリス系に導入されたホラーライド(新潟ではロストセメタリー)です。これは一見、前述のコスモクルーザーのような連続動作するキャビン型シミュレーションライドに見えますが、眞砂工業のローラーコースター技術が組み合わさっています。特に映像の中でトロッコ様のライドが発進する場面に合わせて、実際のライドがタイヤ駆動で加速されることで、従来のシミュレーションライドでは実現できなかった、長距離直線動作による加速感を実現しています。

3点目は、1999年に発売されたマックスフライトVR2002です。これは、自ら作成したコースに従って走行するローラーコースターを体感できるという特徴がありました。同じコンセプトのアトラクションは、Walt Disney WorldのDisney Questに、Cyber Space Mountainとして1998年に設置されていますが、これはその場回転が主体であるのに対して、マックスフライトは回転軸が座席中心から離れていて、スイングするような動作ができるという特徴がありました。

ただし、いずれも起爆剤とはならなかったころから、既にライドシステムの新規性だけでは集客が困難な、シミュレーションライドというものに対する一般客の興味が薄れた状態にあったと考えられます。

 

2001年以降の動向

1995年にはインディ・ジョーンズ・アドベンチャー(日本導入は2001年)、1999年にはアメイジング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン(日本導入は2004年)がオープンし、ダークライド型シミュレータが大きく進化していきました。これによって車両走行のリアル感が大幅に高まり、従来型のシミュレーションライドでは太刀打ちできないレベルに達します。

2001年にはソアリン(日本導入は2019年)がオープン。それまでにもジョイポリスのスカイクルージングのように足ブラ型のシミュレーションライドはあったものの、没入感の高い大型アイマックススクリーンを組み合わせたことで、飛行タイプのシミュレーションライドという新ジャンルを成立させるに至りました。

2010年のハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー(日本導入は2014年)によって、足ブラ+球面スクリーンを組み合わせた飛行型に、工業用ロボットアームによる複雑な動作が追加され、客席動揺のリアリティも大幅に高まっています。

シミュレーションライドの長年の課題であった、直線動作と設置スペースの兼ね合いについては、2014年のハリー・ポッター・アンド・ジ・エスケープ・フロム・グリンゴッツ(日本導入予定なし)がローラーコースターを組み合わせたことで、一応の解決を見ています。

他方では、2009年から発売された映画の4Dシート(日本導入は2013年)の登場により、シアター型シミュレーションライドは完全に地位を失いました。こうして、リアリティのあるシステムは大規模化が進み、小規模なライドは映画館で、より質の高い映像とともに楽しめるようになったことで、一般的な遊園地におけるシミュレーションライドは急速に衰退します。

大手テーマパーク以外では、国内は2014年の富士急ハイランド、富士飛行社を除いて新規投資が停滞していましたが、2016年頃からVR系シミュレーションライドの設置が急増します。ただし、これもコンテンツ不足と、急速な普及に伴う新味性の低下から、2023年現在、既に一部遊園地では撤去も始まっています。

 

結論

スターツアーズが日本に導入された1989年頃を起点に、国内のシミュレーションライドが一気に普及・大衆化し、多様なアイデアが実現された後、6年ほどで消費しつくされて市場が縮小に向かう過程を概観してきました。その間わずか10数年というのは、遊園地のアトラクションの中でも群を抜いて短い存在です。その背景としては、

  • 小型・低価格の販売が相次ぎ、「遊園地に行かなくても乗れる」存在になってしまったこと
  • 映像が主体のアトラクションのため、複数回乗車する魅力に乏しいこと

があげられます。コンパクトな敷地に比較的低価格で設置できることがシミュレーションライドのメリットでしたが、それがそのまま仇となった格好です。一方で、富士飛行社やゴジラ・ザ・ライドのように、リアルな動作と映像、圧倒的な没入感のある施設によって、ある程度の長期間にわたって遊園地の主力機級として君臨し得ることがわかります。ただし、上記アトラクションは10億円を超える投資をしています。Brogent社、Intamin社など、こうした領域で実績のある企業をはじめとして、イマーシブアトラクションというジャンルで、従来のアトラクションにシミュレーションライド動作と映像を組み合わせたような新規ライドを開発していますが、いずれも同規模、あるいはさらに大きな規模の投資を必要とすると思われます。少なくとも箱モノで遊園地が魅力を維持するためには、こうした投資ができるかどうかが、大きな分かれ目となる可能性が高いと考えられます。

 

参考文献

[1] wikipedia英語版 “Simulator ride,” https://en.wikipedia.org/wiki/Simulator_ride(2024年1月5日閲覧)

[2]東光通商webページ https://www.tokotsusho.co.jp/yuatsu (2024年1月5日閲覧)

[3] Wikipedia英語版 “This Is Cinerama,” https://en.wikipedia.org/wiki/This_Is_Cinerama (2024年1月5日閲覧)

[4]”The Incredible Scream Machine – A History of the Roller Coaster,” Robert Cartmell, Amusement Park Books, Inc. and the Bowling Green State University Popular Press (1987).

[5] 一般社団法人 日本映画製作者連盟 過去データ一覧表 http://www.eiren.org/toukei/data.html (2024年1月5日閲覧)

 

引用方法

引用時は、下記を明記してください。

Yu Shioji, J. Amusement Park (2024) 240002.

 

利益相反

本稿に関わる利益相反はありません。

 

シミュレーションライドの表

アトラクション名遊園地開業日メーカー備考
フライングキャビンUFO後楽園ゆうえんち1985/7/21
アストロライナー秋田博’861986/7/18岡本製作所
アストロライナーえひめテクノピア1986/7/20岡本製作所
アストロライナー天王寺博1987/8/1明昌
SR2恵那峡ランド1988/7/8
ニューSR2青森EXPO’881988/7/9Doron12人乗
アストロライナー函館EXPO’881988/7/928人乗
ニューSR2スパリゾートハワイアンズ1988/8/1Doron4人×3

2.24×4.37m、高さ2.24m

重量1770㎏

設置高さ3.2m

ローリング、ピッチング角最大18度

前方58cm、後方28㎝移動可能

スクリーン縦1m横2.2m

SR2第6回全国都市緑化なごやフェア1988/9/30Doron12人乗
大航海体験館長崎オランダ村1989/3/1三菱重工スクリーン固定、客席全体が動く

客席数240

SR-2サザンピア211989/3/16Doron12人乗
アストロライナー姫路シロトピア博1989/3/18米国製
SR-2阿蘇東急ワンダーランド1989/3/19Doronソフトはコースター、飛行機、F1レースの4つ

12人乗

所要4分

直本工業から導入

日立リースからリース

SR-2みろくの里1989/3/26Doron12人乗
アストロライナー松江菓子博1989/4/23岡本製作所
スターツアーズ東京ディズニーランド1989/7/12建設面積3,700m2, 高さ18m

40人乗×6台

Interactive Entertainment Inc製Magic Motion Machine 40

内部面積45m2

総工費100億円

ダイナミックモーションシミュレータールネス金沢1989/7/23Intaminスクリーン固定型シミュレーションライド

400m2、1列10人×5列

8/31までの期間限定

アストロライナー鳥取世界おもちゃ博1989/7/29岡本製作所
SR-2グリーンフェア仙台1989/7/29Doron12人乗

5.5×6.5m

アストロライナーグリーンフェア仙台1989/7/297.8×16m

アメリカ製

スーパーXダイエー大島店1989/8/4Super X14人乗

9/5までの期間限定

6本のソフトを、相模湖ピクニックランドのものと3本ずつ入れ替えながら使用

バスターボム姫路セントラルパーク1989/10/8Intamin10人乗×5列

スクリーン縦3655mm×横8000mm

総工費5億円

瞬間移送装置TP-1花やしき1989/10/14Ride Works2人掛×16

300m2

スクリーン7×10m

開業時ソフトはテキサスサイクロン

シャトル・オービタスペースワールド1990/1/31三精49人乗

前方にスクリーン、映像と合わせて縦揺れ・横揺れ

宇宙ステーション「コスモピア」への移動手段

プラネッツ クルーズスペースワールド1990/1/31三精3機102人乗

35mの阪急ドームに映像投影、映像に合わせてライドが動く

スパークスキャン国際花と緑の博覧会1990/4/1Intamin10人×10列

25×36.6m

ザ・ダイナミックびわ湖タワー1990/4/28Omnifilms48人乗

商品名モーションマスター

1席ずつ独立動作、シアター形式

屋内面積600m2

スクリーン横13m縦6m

総工費3億円

メガトビ向ケ丘遊園1990/7/20Intamin10人×5列

建築面積612.5m2、延べ床面積641.9m2

上映ソフトはコロッサスを含む

70mmフィルム60fps

洞窟探検跡地に設置

ツアー・オブ・ザ・ユニバースパラディッソ1990/7/21Interactive Entertainment40人乗×2台

所要60分、うちシミュレーションライドは8分

チェックイン、エレベーター、登場資格審査、フライト呼び出し待機、旅券審査、検疫、チケット発券を経てシミュレーターへ

1号機はトロントのCNタワー

キャビン本体は幅6m、奥行き8m、高さ3.5m

6軸油圧

スクリーン縦2m、横5.7m

70mmフィルム

アストロライナー食と緑の博覧会みやざき’901990/8/828人乗

米国製

16m×5m

ワンダーシップ長浜楽市1990/8/10日本セルモ5人×4列

幅2.45m×長さ5.1m×高さ2.7m

前方スクリーン幅2.1m×高さ1.4m

各座席前部に8インチモニター+4方向レバー、攻撃ボタン

9/25までの期間限定設置

改良後6,000万円で販売

西友との共同開発

スーパーXファンタジードーム苫小牧1990/9/5スーパーX14人乗

スターツアーズ型

スーパーシミュレーター東京ルーフ1990/9/14Intamin10人×4列×2シアター

ダイナミックモーションシミュレーター

2シアターで2種類のソフト

各3分間、1,300円

スーパーXファンタジードーム八戸1990/11/2SuperX14人乗

スターツアーズ型

スーパーXファンタジードームおびひろ1990/11/22SuperX14人乗

外柵8×5m

全高4.7m

夢のタイムマシンサンリオピューロランド1990/12/7三菱重工シアター式シミュレーションライド

206人乗

ソフトはランドマークエンターテイメントグループ

開業時のスポンサーは安田火災海上保険

コスモクルーザー三井グリーンランド1991/3/10泉陽4人乗×15台

ダークライド型シミュレーションライド

19.8m×25.2m

全長70m

搬器速度0.31m/s

花博から移設

総工費3億3,000万円

アストロジェット恵那峡ランド1991/3/17フライトアビオニクス15人乗

スターツアーズ型

サンアップより導入

コスモクルーザーとやのレイクランド1991/3/25泉陽4人乗×15台

全長86.5m

ライド前面のモニターに合わせて揺れながらレール上を走行

建屋20.3m×25.8m

スパークスキャンエキスポランド1991/4/1Intaminシアター型

花博のものを移設

シネマD2レオマワールド1991/4/20Intamin10人乗×9列

ダイナミックモーションシミュレーター

51×30×7.9m

スクリーン13×6.3m

総工費3億7,000万円

夢のタイムマシンハーモニーランド1991/4/26三菱重工定員166名

メインショー7分(プレショー11分)、入れ替え時間6分30秒

ソフトはランドマークエンターテイメントグループ

ワンダーシミュレーション県央サティ1991/4/26DoronSR-2

12人乗

3か月間限定設置

アングラー富士急ハイランド1991/4/27IEI商品名マジックモーションマシン60

スターツアーズ型

X-ドーム建築面積2800m2、高さ20m

トランスポーター定員40名

シミュレーター定員60名

シミュレーター前面スクリーン3m×7m、70mmフィルム30fps

ポストショーでは床が振動、水が噴出、モンスターのツメが出てくる

ワンダーシップスターベース河辺1991/4/27ダイフレックス20人乗

スターツアーズ型

攻撃レバーを改良したバージョン

2か月間の限定設置

UCCスターポート2045UCCスターポート20451991/5/15インタミン10人×5列

ルーカスアーツ・エンターテイメントが製作、製作費5億円のフィルム「スペースレース」の封切り

ダイナミックモーションシミュレーターで、サウンドシステムはTHXを採用

上映時間4分30秒、1,600円

D3-ボス神戸オーパ1991/7/6タイトー2人乗

ハードは日清紡テクノビークルとNKKの共同開発

360度回転型シミュレーションライド

人数に関わらず500円

D3-ボスサンサーカス1991/7/13タイトー360度回転型シミュレーションライド

1人乗り500円、2人乗り800円

モーションマスタービーポート岸和田1991/7/20オムニフィルムズ48人乗

シアター型

座席は各個動作

4軸8方向

170m2

パラドックスファンタジードーム苫小牧1991/7/20Rideworks36人乗

商品名ターボツアーシアター

2人1組動作

油圧シリンダー、垂直30㎝、秒速37.5㎝、左右40度、秒速77.4度

スクリーン縦5.2m、横12m

シアター面積200m2、全体330m2

総工費4億円

D3ボスTHE MEIGI1991/12/8タイトー2人乗

360度回転型

1800万円

ダイナミックモーションシミュレーターTHE MEIGI1991/12/8Intamin10人乗×5列

ソフトはローラーコースター等ショースキャン社製、ルーカスのスターレースも導入予定

総投下資本6億円(建築費含む)

AS-1後楽園ゆうえんち1991/12/14SEGA8人乗

1992/1/19までの期間限定

カーニバルに設置

前後30度、左右34度、上下480mm可動

スクリーン縦1635mm×横805mm

外寸5300mm×奥行5250mm×高さ3000mm

重量2620㎏

油圧4軸制御

モーションマスター城島高原パーク1991/12/20オムニフィルムズ60席

阪和興業を通じて導入、浅海電気が設置工事・メンテナンス

上下左右水平移動15㎝、前19度、後25度、左右15度

総工費6億円

Beam Scan Bus小牧キャットワールドタイムトラベル1991/12/21日本電子光学32席

座席はカヤバ工業が製作

シアター型

上下ストローク200mm、傾き15度

スクリーン5,000mm×7,600mm

ワンダーシップ木更津エポ1992/1/1SCC8人乗

キャビン型シミュレーションライド+シューティングゲーム

シューティングは手元の映像で

サイコランナー木更津エポ1992/1/1SCC1人乗
シムロードナムコワンダーエッグ1992/2/29ナムコ1人+助手席1人

ユーノスロードスター実車を使用したシミュレーター

6×5.6m

スターシェイカースペースワールド1992/3/1Intamin10人乗×10列

ダイナミックモーションシミュレーター

ルーカスのスペースレースを上映

スクリーン縦5.9m×横13m

総事業費12億円

D3-ボスザ・カーニバル天神1992/3/20タイトー2人乗

360度回転型

ビッグワンダー呉ポートピアランド1992/3/20オムニフィルムズ120人乗

シアター型

阪和興業より導入

大航海体験館ハウステンボス1992/3/25三菱重工225席

13m大型スクリーン

オランダ村から移設

シミュレーションシアター三井グリーンランド1992/4/25オムニフィルムズ12席×4列

スクリーン13.72m×6.21m

建屋15.6m×21.6m×8.35m

泉陽興業が浅海電気を通じて導入

総投資額3億円

ソフトは木製コースターAMERICAN EAGLEと戦車のTANKSLAYER

D3-ボスタイトー・イン・ゲームワールド1992/5/16タイトー2人乗

360度回転型

バーチャルシアターバーチャルシアター1992/6/1日本電子光学工業48人乗

ビームスキャンバス2号機、座席駆動はカヤバ工業製

新宿ジョイシネマ1を同ビル4階に移設し、跡地に設置、映画興行が低迷しているための打開策

総面積826m2

改装費5億5,000万円

D3-ボスTRELL-ONE1992/6/5タイトー2人乗

360度回転型

ワンダーシップザ・モール春日井1992/6/5SCCキャビン型シミュレータ+シューティングゲーム

8人乗

サイコランナーザ・モール春日井1992/6/5SCC1人乗
D3-ボスギャレッソ1992/6/24タイトージャレコのロケーション

2人乗

360度回転型

アストロライナーコミュニケーションワールド’92・北海道1992/6/24ISDOM FG28人乗
D3-ボスコミュニケーションワールド’92・北海道1992/6/24タイトー2人乗

360度回転型

モーションマスターコミュニケーションワールド’92・北海道20001992/6/27オムニフィルムズ36人乗

阪和興業より借り入れ

ハイパーイリュージョン後楽園ゆうえんち1992/7/1ライドワークス40人乗

ターボツアーシアター

映像はCGの海底探検

2人掛けごとに動く

216m2

スクリーン12m×6m

フューチャリストライドアンドショーから導入

アドベンチャーシアターシステムイトーヨーカドー仙台泉店1992/7/1ナムコ2人乗×3台

シアター型

100インチスクリーン

ライドは2軸4方向、プラスマイナス15度傾く

電動モーター駆動、シートベルト無し

ソフトはピーターパンの冒険、ナムコのCG背景+日本アニメーションのキャラクター

スペクトラツアーズ三陸・海の博覧会1992/7/4SCCワンダーシップからシューティング要素を除いたもの

電通プロックスを通じて日本セルモより導入

NTTコミュニケーションドリーム館

20人乗

コンストラクティブ号三陸・海の博覧会1992/7/4リディフュージョンシミュレーション14人乗×2台

商品名ベンチュラー

キャビン型

ダイフレックスがレンタル、ソフトはイマジカが製作

ニューSR2三陸・海の博覧会1992/7/4Doron12人乗
パルス号ジャパンエキスポ富山1992/7/10日本セルモ20人乗

キャビン型

フォッカー50ジャパンエキスポ富山1992/7/10日本セルモ18人乗

富山空港から空の旅

アドベンチャービークルジャパンエキスポ富山1992/7/10トヨタ自動車4人乗
テラビスダイナヴォックス1992/7/11リディフュージョンシミュレーション60人乗×2台

キャビン型

海南救援隊を潜水艦で見る過程でハプニングに巻き込まれる海底探検もの

D3-ボスタイトーインVIVO国分寺店1992/7/11タイトー2人乗

360度回転型シミュレーションライド

ヴェンチュラーXキルメス名古屋1992/7/18リディフュージョンシミュレーション14人乗
ベンチュラードクタージーカンズ前1992/7/25リディフュージョンシミュレーション14人乗

キャビン型

3軸6方向

ダイフレックスが設置

体験映画劇場・TOEIシネマシミュレーター東映太秦映画村1992/8/1カヤバ工業25人乗

総工費3億9,000万円

モーションマスターリナワールド1992/9/21オムニフィルムズ阪和興業より導入
時空の扉 アストライア東武動物公園1992/10/3012席×4列

オムニモーションマスター

スクリーン横12.2m、縦5.51m

既設のUFOエアドーム内に設置

フジテレビが企画、運営も受託

総投資額8億円

D3-ボスゲームファンタジアシグマ11992/11/30タイトー2人乗

360度回転型シミュレーションライド

アドベンチャーシアターシステムスカイシティ泉南1992/12/12ナムコ大人2人+子供1人×3台

ソフトはピーターパンの冒険

アドベンチャーシッププラーカ21992/12/12日本セルモ4人乗×2台

ノアの箱舟型

2000×3000×1600mm

スクリーン1800×1100mm

3相200V3.7kW、単層100V1kW

油圧3軸、高速比例サーボバルブ

ピッチング17度、ローリング17度

D3-ボスヒューマックスパビリオン永山1992/12/18タイトー2人乗

360度回転型シミュレーションライド

D3-ボス勝田パークボウル1993/1/15タイトー2人乗

360度回転型シミュレーションライド

ヴァーテクサ渋谷東映プラザ1993/2/20タイトー2人乗

宇宙を走るレーシングゲーム

このロケ専用機で、他販予定なし

ワンダーシップ渋谷東映プラザ1993/2/20SCC8人乗

シミュレーションライド+シューティング

ソフトはプレジャーコースター

G-パニックゴールドタワー1993/3/6アイワークス2人乗×6台

ターボツアーシアター

動作範囲上下15㎝、前後左右20度

ゴールドタワーの150m展望台から落下する実写映像

サードプラネットサードプラネット1993/3/12Intaminダイナミックモーションシミュレーター

レストラン等との複合業態で、2年間の期限付き

ソフトはスペースレース

ホライゾンアドベンチャーハウステンボス1993/3/25258人乗

ジオラマ+70mm映像+造波装置+降雨装置+客席動揺装置

大洪水を再現

総工費70億円

ワンダーシップ川中島アミュージアム1993/3/27SCC16人乗

5/31までの期間限定

D3-ボス生活工房・札幌ファクトリー1993/4/9タイトー2人乗

360度回転型シミュレーションライド

フューチャーシティオランダ村1993/4/24三菱重工27人乗×2台

高さ9m、幅12mのドームスクリーン

ソフトはNHKエンタープライズ

設計・施工に日本セルモ

IDYAセイタイトー・マンハッタンX1993/4/242人乗

キャビン型

D3-ボスセイタイトー・マンハッタンX1993/4/24タイトー2人乗

360度回転型

スポーツシミュレーションGYM原宿フープタウン1993/4/27Intamin10人×5列

94年10月26日まで期間限定の施設

体感子供劇場新高輪プリンスホテル1993/4/29日邦産業2人乗×4台×2列

72インチスクリーン

幅7m、奥行き3.1m、高さ2.5m

サーボモーター2個

前後左右斜め12度、上下運動

AS-1横浜八景島シーパラダイス1993/5/8SEGA8人乗

500円

バーチャフォーミュラ横浜八景島シーパラダイス1993/5/8SEGA1人乗×8台

300円

D3-ボスプレナ幕張1993/7/2タイトー2人乗

360度回転型

インナー・スペース・ビークル信州博覧会1993/7/17日本セルモ20人乗

キャビン型

キッセイグループ出展

身体の中に入って血管を詰まらせている血栓を溶かして帰ってくる

アド電通がソフト製作、電通プロックスを通して導入

ミラクルシアター信州博覧会1993/7/17日本セルモ60人乗

2シート連動型

スクリーン8m×5m

ソフトは電通プロックス製

AS-1スガイディノス1993/7/17SEGA
バーチャフォーミュラスガイディノス1993/7/17SEGA
ディノ・ライドディノ・アライブ1993/7/17リディフュージョンシミュレーションベンチュラー4台

うち2台は幼児向けに穏やかな動き

AS-1ディノ・アライブ1993/7/17SEGA
スーパーX相模湖プレジャーフォレスト1993/7/23Super X14人乗

前後左右最大28度傾斜

11/30まで期間限定、ダイフレックスが代理店

本体価格4,000万円

バーチャフォーミュラ池袋GIGO1993/7/24SEGA4台

レーシングゲームタイプ

ベンチュラーキルメスファンタジカ1993/7/24リディフュージョンシミュレーション14人乗

明昌が運営

モーションマスターキルメスファンタジカ1993/7/24オムニフィルムズ48人乗

阪和興業が導入、運営

アドベンチャーシアターシーガイア1993/7/30三菱重工117人乗

6軸駆動

ストローク±1m

ILM社製スペースアドベンチャーものの映像

ウォータークラッシュシーガイア1993/7/30三菱重工20人乗

ボート型ライドが前進後、モーションベースに乗って動く

動揺軸3軸

シムドライブナムコワンダーパーク相模原1993/8/11ナムコ2人乗

ロードスターの実車を使用

ナムコワンダーエッグのシムロード簡易版

ワンダーシップキャノンボールシティ1993/8/14SCC8人乗
スーパーD3-ボスキャノンボールシティ1993/8/14タイトーD3-ボスの映像進化版

スピンドレックス設置時に撤去

プリテンダーマシンキャノンボールシティ1993/8/14タイトー’50sのアメ車にドライビングシミュレーター

2人乗×2台

D3-ボスイオン富津ショッピングセンター1993/9/25タイトー2人乗

360度回転型

他ロケから移設

D3-ボス前橋サティ1993/10/20タイトー2人乗

360度回転型

スピンドレックスキャノンボールシティ1993/10/23タイトーD3-ボス+上下動

上下動ストローク300mm、最大0.5G

幅6.6m×奥行8.13m

スーパーD3-ボス跡地に設置

ハイパーエキスプレスラパーク金沢1993/11/6アイワークス2人乗×7シート

ターボツアーシアター

ソフトはエスケープ・トゥ・プラネット・アース

スーパーチェイスデイトナパーク仙台1993/11/27タイトーレーシングシミュレーション

ミニクーパーの実車を使用

スーパーD3-ボスデイトナパーク仙台1993/11/27タイトー2人乗

360度回転型

TSS-1デイトナパーク仙台1993/11/27日本セルモ
ワンダーシップウィンディ岸和田1993/12/9日本セルモソフトはプレジャーコースター
ETモーションマスター名古屋ET1993/12/1048人乗

オムニモーションマスター

明昌が電通プロックスにリース、東海テレビ放送が導入

ソフトはアルファ1カウボーイ

ワンダーシップ758号NAGOYA ET1993/12/10日本セルモ16人乗

名古屋を冒険するソフト、プレショー5分、本編3分

ソフトは電通プロックス

リッジレーサー・フルスケールナムコワンダーシティ1993/12/21ナムコレーシングシミュレーション
シミュレーションシアターユネスコ村1993/12/22Intamin50人乗×2機

鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造2階建て

建築面積774m2、延べ床面積799m2

ダイナミックモーションシミュレータ

スクリーン幅13.7m、高さ6.1m

スーパーD3-ボスデイトナパーク札幌1993/12/24タイトー2人乗

360度回転型

プリテンダーマシンデイトナパーク札幌1993/12/24タイトーレーシングシミュレーション

ミニクーパーの実車を使用

TSS-1ユネスコ村1994/2/27
D3-ボスユネスコ村1994/2/27タイトー2人乗

360度回転型

シミュレーションシアターパラドックスラパーク聖籠1994/3/17アイワークス2人×7台

スクリーン4×3m

面積8×8m

ターボツアーシアター

アムゼストワンサンロード青森1994/3/18オムニフィルムズ12人×4列

モーションマスター

D3-ボスサンロード青森1994/3/18タイトー2人乗

360度回転型

バーチャフォーミュラ広島GIGO1994/3/25SEGAレーシングシミュレーション
AS-1ガルボ1994/4/14SEGA8人乗×2機

ソフトはスクランブルトレーニング

D3-ボスチルコポルト上尾店1994/4/19タイトー2人乗

360度回転型

D3-ボスエキスポランド1994/4/22タイトー2人乗

360度回転型

未来ミュージックライドLIVE UFO’941994/4/29SEGA8人乗×4台

200インチスクリーンに対して、AS-1の座席部分だけを用いたライド4台が同時に稼働

ソフトはフジテレビ製米米CLUB関係

総製作費2億5,000万円

スーパーD3-ボスタイトーステーション中洲店1994/6/2タイトー2人乗

360度回転型

AS-1ゴールドタワー1994/7/1SEGA8人乗
ファイターキャンプたまご帝国1994/7/16マジックエッジ2人乗×6機、メインとプレショーで2セット

戦闘機の動きをリアルに再現するモーションシステム+3DCG

2軸油圧駆動、垂直80㎝、ロール±60度、ピッチ上45度、下25度

施設面積266m2

ミラクルツアーズたまご帝国1994/7/16三菱重工56人乗

ショースキャンのフルCGオリジナルソフト

6軸油圧駆動、1軸あたり1200mm駆動

シーファリポルトヨーロッパ1994/7/16リディフュージョンシミュレーション60人×2機

くじら型潜水艦に乗って深海を探検

プレショー3つ、メインショー4分計20分

リトルトッピーの冒険館世界リゾート博1994/7/16日本セルモ2人乗×50席

ナムコのフルCG映像

座席はピッチング前20度、後ろ15度、ローリング15度、回転90度

各シートヘッド+スクリーンにスピーカー

電通プロデュース

総投資額5億円

VR-1横浜ジョイポリス1994/7/20SEGA8人乗×4台

モーションシミュレーター+HMD+シューティング

本編3分、所要9分

AS-1横浜ジョイポリス1994/7/20SEGA8人乗り

ソフトはメガロポリス

バーチャフォーミュラ横浜ジョイポリス1994/7/20SEGAレーシングシミュレーション

8人乗

スーパーD3-ボスイーグル宜野湾市真栄原1994/7/29タイトー2人乗

360度回転型

バーチャフォーミュラZXA1994/8/11SEGAレーシングシミュレーション
AS-1ZXA1994/8/11SEGA8人乗
スーパーD3-ボスアクアリゾートルネサスかなざわ1994/8/13タイトー2人乗

360度回転型

パワーイマジネーターアクアリゾートルネサスかなざわ1994/8/13マクファーデン4人乗×6台

スクリーン3.8×7m

6軸12方向駆動

ショースキャンの70mm60コマ映像

ソフトはスペースレース

モーションライド名クラドラ

ハイパーエクスプレスファンタジードーム岸和田1994/10/20フューチャリストライドアンドショー2人乗×7台

ターボツアーシアター

ソフトはアイワークス社製エスケイプトゥジアース

バーチャフォーミュラシーガイア1994/10/31SEGAレーシングシミュレーション
AS-1シーガイア1994/10/31SEGA8人乗
バーチャルワールドシアターシーガイア1994/10/31オムニフィルムズモーションマスター+球面スクリーン

40人乗

ターボライドシアターネクステージ知立1994/11/10アイワークス2人乗×20席

スクリーン7×12m

ソフトはディノアイランドとスーパーソニック

バーチャフォーミュラネクステージ知立1994/11/10SEGAレーシングシミュレーション
AS-1ネクステージ知立1994/11/10SEGA8人乗
バーチャフォーミュラ市川ガルボ1994/11/30SEGAレーシングシミュレーション
AS-1市川ガルボ1994/11/30SEGA8人乗
パワーイマジネーターゲームファンタジアバーディー1994/12/10Intamin2人乗×12席

6軸油圧式マキシモーション

ピッチング±21度、ローリング±15度、水平回転±27度、上下±76mm、前後±160mm、左右±152mm

映像はショースキャンのパワーイマジネーターシステム

スーパーD3-ボス高田馬場BIGBOX1994/12/22タイトー2人乗

360度回転型

アウトランナーズ高田馬場BIGBOX1994/12/22タイトーレーシングシミュレーション

ミニクーパーの実車を使用

IDYA高田馬場BIGBOX1994/12/22
D3-ボスハイランドリゾートスクエア1995/3/11タイトー2人乗

360度回転型

スペースアドベンチャー到津遊園1995/3/12日邦産業9人乗

スペースシャトル形状、キャビン型

AS-1四日市ガルボ1995/3/18SEGA8人乗
バーチャフォーミュラ四日市ガルボ1995/3/18SEGAレーシングシミュレーション
VR-1四日市ガルボ1995/3/18SEGAVR型
ゼノンシアターダイナレックス1995/3/24三菱重工56人乗

407.3m2

ソフトはシーガイアと同じエイリアンエンカウンターを使用

バーチャルファクトリー鈴鹿サーキット1995/3/25日本セルモ2人乗×25台

総工費5億円

シミュレーションシアターネイブルランド1995/7/22シメックス45人乗

マジックモーションマシン

ミラクルツアースペースポートザNASAストーリー1995/7/2216人乗

キャビン型

プレショーでは外向き円形配置の座席が回転・上下動

パワーイマジネーターガルボ1995/7/27Intamin4人乗×5台

プロジェクターはNEC製2台、映像はショー種キャン、シートはIntaminのマキシモーション4

メリーゴーランドを移設して設置

イマジンジャパンが歩率契約で設置

アドベンチャーフライト鎌倉シネマワールド1995/10/1014人乗×2機

キャビン型

D3-ボスマーサ211995/10/28タイトー2人乗

360度回転型

アイマックスライドフィルム新潟ジョイポリス1995/12/9アイマックス18人乗

ライド揺動範囲前後76㎝、左右76㎝、上下61㎝

ライド政策は三菱プレシジョン

スクリーン直径7.63m

ソフトのファンハウスエキスプレスは、ナイトメアビフォアクリスマスのスタッフが制作

AS-1新潟ジョイポリス1995/12/9SEGA8人乗
VR-1新潟ジョイポリス1995/12/9SEGAHMDを使ったVR+モーションシミュレーター
アイマックスライドフィルムネオジオワールド(土浦)1995/12/23アイマックス18人乗×2機

1機目はファンハウスエクスプレス、2機目は1996/1/27からアステロイドアドベンチャーで稼働

新潟ジョイポリスに続く2機目

アイマックス館かごしま国際ジャングルパーク1996/3/15アイマックス18人乗

アイマックスライドフィルム

ソフトはファンハウスエキスプレス

AS-1福岡ジョイポリス1996/4/10SEGA8人乗
アクアノーバ福岡ジョイポリス1996/4/20SEGA2人×2列×2機×2ユニット

選択肢に安全バーのボタンでゲーム、3か所の分岐でストーリーが変化

3軸電動駆動+1軸180度回転

XY軸600mm、Z軸400mm

スクリーン縦2800mm、横5500mm

スクリーン5.5m×2.8m

VR-1福岡ジョイポリス1996/4/20SEGAHMD式VR+モーションシミュレーター
ピーターパンの冒険ビバシティ彦根1996/4/26ナムコ3人乗

80m2

IDYAタイトーアミューズメントシティ上諏訪店1996/4/26タイトー
ファイヤーブルナンジャタウン1996/7/6ナムコ4人乗り×12台

HMDを着用して3軸駆動シミュレータ内でシューティング

HMDはオリンパス製

アクアノーバ東京ジョイポリス1996/7/12SEGA4人乗×2台×2ユニット

偏光メガネ型3D

スクリーン5000×2800mm

ライド駆動範囲左右600mm、上400mm

福岡ジョイポリスと同型

AS-1東京ジョイポリス1996/7/12SEGA8人乗

最大傾斜角前後30度、左右34度、上下380mm

パワースレッド東京ジョイポリス1996/7/12SEGA2人乗×4台

ボブスレー型

100インチスクリーン

最大傾斜角左右55度ずつ

スターエンジェルよみうりランド1996/7/20中和機械20人乗

偏光メガネ式3D

キャビン型

3Dバーチャルシアター相模湖プレジャーフォレスト1996/7/20ビジュアルサイエンス研究所60席

1年間のレンタル契約、投資額1,000万円

セガラリースペシャルステージ新宿ジョイポリス1996/10/4SEGA2人乗×3台

セリカの実車を使用

油圧6軸

スクリーンは2300mm×900mm、ボンネット内のプロジェクターをミラーで反射させて投影

アクアノーバ新宿ジョイポリス1996/10/4SEGA4人乗×2台
パワースレッド新宿ジョイポリス1996/10/4SEGA2人乗×4台

ボブスレー型

ピーターパンの冒険イオン鈴鹿ショッピングセンターベルシティ1996/11/29ナムコ2人乗
アイマックスライドフィルム横浜ジョイポリス1996/11/30アイマックス18人乗

ソフトはファンハウスエキスプレス

AS-1とインディフォーミュラ跡地に設置、インディフォーミュラはカーニバルコーナー跡地に移設

MFX2000ネオジオボウル金沢八景1996/12/20ファルコナーエンターテイメント4人乗
スペースインパルス大阪ドーム1997/3/1エアライド16人乗

シアター式

空気圧駆動

製品名エアライド

ソフトはスマッシュファクトリー

平賀先生のばあちゃる電脳研究所熱海ドリームワールド~貫一・お宮と忍者の里1997/3/42人乗×5台

タカラ製HMD「ダイノバイザー」+ドイツ製モーションベース

6軸油圧駆動

100m2

パーク自体が1998/3/1までの期間限定、大新東グループ

RIVIE 動く映画館東映太秦映画村1997/3/20三菱プレシジョン4人乗×12台

シアター型

モーションシートは油圧6軸、上下±100mm、前後±160mm、左右±150mm、前後傾斜±20%、左右傾斜±20%、左右首振り±20%

スクリーン5.2m×11.4m、映写機4.5kWキセノンランプ、70mm、60fps

ソフトはACCプロダクション製、CG制作ニューウェーブインターナショナルの「RGPアドベンチャー」

投資額5億5,000万円

スーパーX登別マリンパークニクス1997/3/23リディフュージョン14人乗

油圧3軸

2150mm×4900mm×3170mm

4000㎏

トーゴ北日本が施工

サブマリンドリーム館夢みなと博覧会1997/7/1240人乗

750m2

松本零士監修、監督川北紘一

ドリームエキスプレス夢みなと博覧会1997/7/1228人乗

最大傾斜25度

250m2

ザ・ラスト・アドベンチャーフェスティバルゲート1997/7/18三菱プレシジョン4人乗×12台

油圧6軸

ソフトはショースキャン

シアター型

ミラクルファンタジー倉敷チボリ公園1997/7/18三菱重工12人乗×9台

6軸油圧

シアター型

CGはIMAGICA

8億円

パワースレッドクイーンズスクエア横浜1997/7/18SEGA2人乗×4台
シミュレーションシアター浜名湖パルパル1997/7/19Intamin10人乗×4列

4軸8方向

映像はショースキャン

アストロジェット浜名湖パルパル1997/7/19フライトアビニオン13人乗

キャビン型

1997/7/19に移設

セガ・ツーリングカー・チャンピオンシップ・スペシャル京都ジョイポリス1997/9/11SEGAベンツCクラス、アルファロメオ155の2台

2人乗×2台

バイクアスロン京都ジョイポリス1997/9/11SEGA2人乗×4台

自転車レース

パワースレッド京都ジョイポリス1997/9/11SEGA2人乗×4台
ロストセメタリー京都ジョイポリス1997/9/11眞砂工業2人乗×6台

ダークライド型

ロール±30度、ピッチ±20度

自走式で、スタート時はタイヤ駆動で加速する演出

ロストワールドスペシャル新宿ジョイポリス1997/9/27SEGA2人乗×4台

ライドの180度回転、ダメージ時の横振動+エアー

1台W2400×D3930×H2466mm

身長130㎝以下の場合は回転無し

回転部センサー、安全バーセンサー、ドアセンサー、乗客が押せる非常停止ボタン

パワースレッドマイカル明石1997/10/23SEGA2人乗×3台
ロストワールドスペシャル東京ジョイポリス1997/10/25SEGA2人乗×4台

ライドの180度回転、ダメージ時の横振動+エアー

1台W2400×D3930×H2466mm

身長130㎝以下の場合は回転無し

回転部センサー、安全バーセンサー、ドアセンサー、乗客が押せる非常停止ボタン

SRVオークワールド1997/10/28Doron15人乗

直本工業を通じて導入

飲食店のため、乗車したい場合は食事前(飲酒前)に案内

バーチャルギアチルコポルト高松店1997/12/20コナミ
ボートレースグランプリ東京ジョイポリス1998/1/15SEGA1人乗×4台

4軸エア駆動

100インチプロジェクター

競艇ボート型搬器

激流~ワイルドリバー~新宿ジョイポリス1998/2/27SEGA12人乗り

油圧6軸

最大傾斜角±17度

スクリーンr180度、高さ2.8m、幅10.5m

ライドはレール上を6m前後進

126m2

パワースレッド跡地に設置、パワースレッドはショッキングメイズ跡地に移設、ショッキングメイズは規模を縮小して移設

スーパーシミュレーター渋川スカイランドパーク1998/3/26タイトー12人乗

ゲーム要素アリ

高さ2.7m、長さ5.2m、幅2.3m

ピッチング12度、ローリング15度

アミューズビジョンライド芝昌ワールド1998/7/4オカセイ2人乗×3台

HMD映像

電動3軸、ロール±30度/秒、ピッチ±30度/秒、ヒーブ±330mm/秒、最大角度12度、上下動90mm

魔界の森神殿三井グリーンランド1998/7/16泉陽ダークライド型

4人乗×15台

全長90m

コスモクルーザーを移転してソフト更新

投資額7億円

アミューズビジョンライド後楽園ゆうえんち1998/7/18オカセイ2人乗×n台

HMD式

セガ・ツーリングカー・チャンピオンシップ・スペシャル岡山ジョイポリス1998/7/18SEGA2人乗×3台

ベンツCクラス、アルファロメオ115、スープラ

ホラーライド岡山ジョイポリス1998/7/18SEGAダークライド型

2人乗×6台

アクアノーバ岡山ジョイポリス1998/7/18SEGA4人乗×2台
時空探偵ゲンシクンサンリオピューロランド1998/7/21三菱重工夢のタイムマシンのソフト変更
バイクアスロン新宿ジョイポリス1998/7/25SEGA2人乗×4台

京都ジョイポリスから移設

アナザーワールドよこはまコスモワールド1998/7/28アイワークス48人乗

シアター型

445m2

バーチャロン・スペシャル梅田ジョイポリス1998/11/28SEGA1人乗×2台

上下左右±5㎝、左右30度

AS-MAX ~DEATH ISLAND~梅田ジョイポリス1998/11/28SEGA8人乗

AS-1のアップグレード版

90インチスクリーン

ロストワールドスペシャル梅田ジョイポリス1998/11/28SEGA2人乗×3台
激流~ワイルドリバー~梅田ジョイポリス1998/11/28SEGA12人乗

最大傾斜角17度

ワイルドリバーマイカル小樽1999/3/11SEGA8人乗

45m2

ジョイポリス導入品のコンパクト版

前後走行無し

ロストワールドスペシャルマイカル小樽1999/3/11SEGA2人乗×2台
パワースレッドマイカル小樽1999/3/11SEGA2人乗×3台
3Dターボライド宝塚ファミリーランド1999/3/13アイワークス44人乗

2座席1ユニット

垂直方向30㎝、左右傾斜30度、前後傾斜40度

シアター型

3D映像対応

スクリーン10m×6.6m

3Dターボライド宝塚ファミリーランド1999/3/13アイワークス2人乗×22台

シアター式

左右30度、前後40度、垂直30㎝

スクリーン10m×6.6m

投資額5億円

アイマックス・ライドフィルムネオジオワールド1999/3/19アイマックス18人乗

3軸油圧

ソフトはファンハウスエクスプレス

VRDMEG@WEB1999/3/19三菱重工4人乗実車×2台

ドライビングゲーム

電動6軸

ミッショントライアングルMEG@WEB1999/3/19三菱プレシジョン2人乗×3台

実車使用

プリウス、アルテッツァ、プラド

ドライビングシミュレーター

映像は東芝テスコ

3Dモーションシアター船の科学館1999/4/10ダイナマックス25人乗

空気圧モーションシステム

前後左右8.5度、上下動0.22m

偏光メガネ3D

スクリーン6.5m×3.65m

輸入と施工は三井造船

建屋16.5×7.4×5.4m

本体価格1億円、ソフト1本750万円(レンタル)

マックスフライトVR2002TOKYO-BAYららぽーと1999/4/24マックスフライト2人乗

ローラーコースターのコースを自分で設計、乗車

4.1m×7m×3.9m

2トン

3φ200V30A、100V20A2本

一式1,800万円(ただし、買取モデルは無し、最大で折半出資)

スカイクルージング東京ジョイポリス1999/4/29SEGA2人乗

33m2

電動3軸

ロール±30度、ヨー左15度、右180度

ワイルドリバー岡山ジョイポリス1999/7/7SEGA
ワイルドリバー福岡ジョイポリス1999/7/17SEGA8人乗

自走式2軸油圧

45m2

150インチ

マイカル小樽と同タイプ

マックスフライトVR2002ナムコワンダーエッグ1999/7/17マックスフライト2人乗

マックスフライトジャパンの持ち込み

マックスフライトVR2002東京ジョイポリス1999/7/17マックスフライト2人乗
ロストワールドスペシャルホリデイスクエア豊橋1999/7/18SEGA2人乗×1台
ベンチュラーナムコワンダーエッグ1999/7/20トムソンエンターテイメントイマジンジャパンの持ち込み
マックスフライトVR2002横浜ジョイポリス1999/7/23マックスフライト2人乗
3DモーションシアターMEG@WEB1999/8/3三菱重工12人乗×4台

油圧サーボ6軸シリンダー駆動

ピッチ、ロール、ヨー各±12度、ヒーブ、サージ、スウェイ各300mm

シアター式

スクリーン4.3m×8.5m

映像はマフガフリーヌ

パッシブセーフティについて

セガ・ツーリングカー・チャンピオンシップ・スペシャル東京ジョイポリス1999/11/13SEGA2人乗×3台

Cクラス、アルファロメオ155、スープラの3台

コントラプションナムコワンダーエッグ1999/12/11日立製作所8人乗×3台
キャビン型
190m2
電動4軸
上下、前後最大0.6m、0.6G
スクリーン幅3.1m、高さ1.02m
映像制作はBTTFTRのダグラストランブル氏が参加
ゲーム要素はトラックボールとボタンで操作
日立シミュレーションライドシステム
イエローサブマリンメディアージュ2000/4/1コントローラー連打のインタラクティブ要素アリ

キャビン型

GUNDAM THE RIDE A BAOA QU富士急ハイランド2000/7/20マジックモーションマシン60
激流~ワイルドリバー~東京ジョイポリス2000/11/3SEGA12人乗

自走式6軸油圧

最大傾斜±17度

スクリーン2800×10500mm、R180度

126m2

バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライドユニバーサルスタジオジャパン2001/3/31Intamin8人乗×12台

油圧3軸

2016/5/31運営終了

ストームライダー東京ディズニーシー2001/9/4122人乗×2台

コメント

タイトルとURLをコピーしました